Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の教科書【登録前必読】

変化が激しいUber Eats配達員(配達パートナー)に必要な最新情報を集めた入門編、これを読めば「他を検索しなくても良い」というほど幅広い項目について説明しています。

また、他のブログではあまり語られない部分にもフォーカスし配達パートナーとして「稼ぐ」ための情報を盛り込みました。

配達員(配達パートナー)の教科書」とも言える記事になっていますので、オンラインテキストブックとしてご活用ください。

この記事はこんな方におすすめ!

・これから配達パートナーに登録したい方
・最新情報を幅広く知りたい方
・稼いでいる人の稼ぎ方を知りたい方
・誰も語りたがらないもう一つの仕事内容を知りたい方
ウーバーイーツ配達員の登録者数200人突破

登録者数200人突破

Uber Eats配達パートナーを始めブログを開設してから、当ブログ経由での登録者数が200人を突破しました!

この場を借りて登録していただいた方へ御礼申し上げます。

これから登録する方が安心して「招待ボーナス」を受け取れる環境づくりの強化をしていきたいと考えております。

ウーバーイーツ配達員アカウント紹介者画面

招待ボーナスの詳細と登録はこちらの記事をご覧ください。

配達数2,500回突破

日々の積み重ねにより配達数も順調に伸びています。
これからも当ブログの読者さんへ、この経験を伝えられるよう努力していきます。

ウーバーイーツ配達員アカウント配達数画面
長編記事の為、注意書き

▼この記事の見方▼
重要な項目において詳細が説明された「別紙(別記事)」が用意されています。
本記事をすべて読み終わった後に、気になる項目をチェックすることをおすすめします。

【配達パートナーについて調べて無い方
時間が許す限りすべてに目を通していただくことをおすすめします。

【配達パートナーについてある程度調べた方
↓すぐ下の目次を活用し、気になる項目や必要な情報をご覧ください。

配達員(配達パートナー)基本

ウーバーイーツ配達員

ここでは、Uber Eats配達員(配達パートナー)に必要な要件と役割、エリアなど基本的な事ついて説明します。

その前に、Uber Eatsと配達員(配達パートナー)は雇用関係に無いため、雇用関係を連想させる事を避けるため、配達員では無く配達パートナーとさせていただきます(以下「配達パートナー」とする)。

配達員の呼び方
配達員     ×

配達パートナー 〇

上記の通り、Uber Eatsと配達パートナーの関係は、配達業務を委託する側(Uber Eats)と、その配達業務のみを請け負う側(配達パートナー)となり、一般的なアルバイトやパートタイムのような雇用関係ではなく、個人で業務を請け負う個人事業主であることを予め覚えておきましょう。

年齢と必要要件

  • 年齢:18歳以上
  • 性別:男女問わず
  • 国籍:問わず(日本で就労が可能なことが条件)
  • 職業:問わず(副業としても登録可能)

必要な書類

配達を行う車両によって必要な書類が異なります。

自転車配達の場合

  • 身分証明書(顔写真付きの公的な証明書)
  • 顔写真(アップロード用の写真なのでプリントする必要は無し)
  • 外国籍の方はパスポートまたは在留カード

原付バイク登録の場合

上記の自転車必要書類に加えて下記の写真が必要です。

  • 運転免許証の写真
  • 自賠責保険証の写真
  • 車両ナンバーの写真

サービスエリア

現在Uber Eatsが展開しているサービスエリアは下記の都市です。

  • 東京
  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 名古屋
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 福岡

サービスエリア=稼働可能なエリアということになりますが、都市全体が対応しているわけではありません。

詳細なエリアを確認するには下記から都市を選択しご確認ください。

東京(23区・その他)千葉埼玉(さいたま市)
神奈川(横浜・川崎)愛知(名古屋)大阪
京都兵庫(神戸・その他)福岡(博多)

営業時間

営業時間 9:00~24:00(店舗によって異なります)

東京・大阪の一部エリア※は8:00〜25:00

※東京:江東区・品川区・渋谷区・新宿区・墨田区・台東区・千代田区・中央区・豊島区・文京区・港区・目黒区を含む一部地域
※大阪:北区・中央区・天王寺区・浪速区・西区を含む一部地域

営業時間=稼働可能な時間ということになりますが、Uber Eatsの配達アプリは1回のオンライン時間が最長12時間に制限されています。

その後、6時間オフラインにした後、次の配達依頼を受けることが可能になります。

※オンライン 配達アプリで配達依頼を受信できる状態
※オフライン 配達アプリで配達依頼を受信できない状態

配達パートナーの役割

  1. 【配達】Uber Eatsのサービスにおいてユーザーから注文があった商品を、Uber Eats加盟店からピックアップ(取りに行く)し、ユーザーのもとへドロップ(配達)する
  2. 【パートナー紹介】Uber Eats配達パートナーとして稼働可能な人材を紹介する

※上記は自由選択、配達だけやりたい方は配達だけ、パートナー紹介だけやりたい方は紹介だけ、両方やりたい方は両方も可能

上記の役割において、成果に対してエリアごとに決められた報酬が発生します。

Uber Eatsゴールドパートナー

上記役割の「配達」において、配達回数や評価などに基づき、パフォーマンスの高い配達パートナーはゴールドパートナーとして認定されます。

ゴールドパートナーは、4半期ごとの配達実績に基づいて、1年に4回更新されます。
認定条件は下記の通りです。

  1. 過去3ヶ月間の合計配達回数が500回以上であること
  2. 過去3ヶ月間に行った配達に関する注文者およびレストランパートナーからの評価平均が98%以上であること
  3. 過去3ヶ月間に、料理のピックアップ後に自己都合でキャンセルをした回数が5回以内であること
  4. コミュニティガイドラインを遵守していること

ゴールドパートナーに認定されると下記のような印と特典があります。

  • Uberアカウントの氏名の後に🏆が表示され、加盟店並びにユーザーに表示されます
  • 加盟店レストランの優待割引
  • Uber Eats割引クーポンコード10,000円分(1,000円×10)

配達に必要な物

スマートフォン

配達専用アプリがiPhoneとAndroidのスマートフォンに対応しています。
タブレット端末でも配達可能ですが、ユーザーに電話しないと配達が出来ない場面が出てくるので、通話機能は必須です。

また、配達アプリ、地図アプリ共にインターネットへのアクセス量が多いのでパケ放題などの使い放題のプランがおすすめです。

配達をおこなう車両

自転車か原付バイクが必要。
お持ちでいない方はレンタルサービスを利用するのがおすすめです。
本記事の後半で詳しく解説します。

配達バッグ

バッグはUberから支給され、最初の報酬から4,000円がデポジット(預り金)として差し引かれます。
Uber Eatsを辞めるときにバッグを返却するとデポジットした金額が返却されます。

必ずこのバッグを使って配達をしなければいけないという決まりはありません。
保冷機能付きのバッグであれば好きな物を使って良いようです。

スマホホルダー

スマートフォンを配達車両に固定するホルダー。
配達中は地図アプリを確認しながら走行するためあったほうが安全です。
スマホを見ながらの運転は危険ですのでやめましょう

モバイルバッテリー

配達アプリはGPS機能を使用するためバッテリーの消費が非常に多いです。
バッテリーが切れると配達が出来なくなってしまうため、長時間配達を行う場合は用意しておいた方がよいでしょう。

パートナー紹介に必要な物

周りの友人をパートナーへ紹介する場合は特別必要な物はありません。

Web上で希望者を募る場合は、作成するコンテンツによりますが下記の物があると良いでしょう。

ブログ用サーバー(記事コンテンツ)

記事コンテンツをアップロードするためのサーバーが必要です。

Amebaブログやライブドアブログなどの無料ブログサービスでもよいですが、レンタルサーバーを借りて、自由度が高くいろいろカスタマイズできるワードプレスでのコンテンツ作成をおすすめします。

パソコン(記事、動画コンテンツ)

ブログの場合は記事コンテンツ執筆に必要。
YouTubeなどの動画共有サイトの場合は動画コンテンツ編集に必要。

ビデオカメラ(動画コンテンツ)

スマホのカメラで十分きれいに取れる場合は必要ないでしょうが、そうでない場合は用意したほうが良いでしょう。

 
Tsukasa
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員では無く配達パートナーには二つの役割があって、それぞれにキャッシュポイントがあるんだね。
どうせやるならそれぞれでたくさん稼ぎたいね!

給料(報酬)

ウーバーイーツ配達員の給料

この給料という言葉も雇用関係を連想させるため、給料では無く報酬とします(以下「報酬」とする)。

給料ではない
給料 ×
報酬 〇

配達パートナーの報酬は一部例外※を除き、完全歩合制(出来高制)のため、配達の依頼又は、紹介者がいなければ報酬は発生しません。

※一部エリアでは、期間限定で時給保証制度がある場合もあります(配達報酬の場合)。

上記項目で説明した「役割」別に報酬内容とそれぞれのメリットとデメリット、報酬の振込日を説明します。

配達報酬

配達報酬の計算式は下記の通りです。

支払い={(①基本料金&走行距離×②ブースト率)-③サービス手数料}+④インセンティブ料金

東京エリア(東京23区外、千葉、埼玉エリア含む)

①基本料金(470円+走行距離150円/km)
②ブースト率
③サービス手数料(東京エリアのサービス手数料は35%)
④インセンティブ料金

(例) ブースト 1.2倍の地区で3kmの配達を1回完了すると
470(基本料金)+450(走行距離150円×3km)×1.2( ブースト 率)-35%(サービス手数料)=717円

上記金額にインセンティブが付与される場合あり。

その他エリア(神奈川、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡エリア)

①基本料金(320円+走行距離60円/km)
②ブースト率
③サービス手数料(その他エリアのサービス手数料は10%)
④インセンティブ料金

(例) ブースト 1.2倍の地区で3kmの配達を1回完了すると
320(基本料金)+180(走行距離)×1.2( ブースト 率)-10%(サービス手数料)=540円

上記金額にインセンティブが付与される場合あり。

別紙① 報酬についての詳細記事

ブーストやインセンティブなど、配達報酬をアップさせるためのコツを知りたい方におすすめです。

うばいつ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みと報酬の振込について詳しく解説します。また、現役配達パートナーが教える…

メリットとデメリット

メリット
・配達した分の報酬を短期間で受け取れる
・稼働した分だけ安定して稼げる
デメリット
・自分が稼働しないと報酬が発生しない

紹介報酬

紹介報酬は、新規パートナー(紹介された側)の登録エリアにより報酬金額が変わります。
また、既存パートナー(紹介する側)のUberアカウントによって金額が異なる場合があります。

一例を紹介します。

東京エリア 60,000~80,000円
大阪エリア 50,000~60,000円
その他エリア 10,000~45,000円

※新規パートナー(紹介された側)の登録地別の報酬金額となり、時期によって変動します。

上記の報酬は、新規パートナーが既存パートナーの「招待コード」を使用しWeb登録後、既定の配達回数を達成すると、既存パートナーへ報酬が全額支払われます。

そのため報酬発生には、新規パートナーの「招待コード登録」と「規定配達回数の達成」が条件となります。

また、現在の規定配達回数は50回の配達完了が必要です。

メリットとデメリット

メリット
・自分が稼働しなくても報酬が得られる
・単価が高く当たれば大きい
デメリット
・報酬が得られるまでの期間が長く、新規配達パートナーが規定の配達回数を達成しなければ報酬が得られない。
・収入が不安定

報酬の振込日

配達報酬も紹介報酬も報酬が発生してからの振込日は同じです。

報酬の支払いは週払いのみ。
現在のところ、日払いや月払いを選択することはできません。

締め日

毎週日曜日締め(月曜日から日曜日までの報酬が振込日に支払われます)

振込日

毎週火曜から木曜日

海外から振込されてくるため、受け取り側の銀行によって振込日が異なります。

また、振込元の国の祝日により着金が前後することもあります。

銀行による振込日の違い

  • 三菱東京UFJ銀行 火曜日
  • 三井住友銀行 木曜日
  • みずほ銀行 不明

振込前の連絡

海外からの振込時に、口座名義人に確認のための電話連絡を行う銀行があります。

毎度の確認が面倒な場合は、支店に連絡してUber Eats(ウーバーイーツ)から海外送金されていることを伝えれば以降確認無しで振り込まれます。

振込先として登録できない銀行

  • ゆうちょ銀行
  • 信用金庫
  • ネット銀行

配達パートナー向けキャンペーン

期間限定で配達パートナー向けにキャンペーンが実施されています。
下記リンク内の「エリア別メニュー」より、ご自分のエリアを選択し「🚴🏻‍♀️パートナーキャンペーン」で実施中のキャンペーンを確認してみましょう。

下記リンク内「エリア別メニュー」で都市選択 ⇒ 🚴🏻‍♀️パートナーキャンペーン

エリア別TOPメニュー

 
Tsukasa
配達報酬が安定して稼げるよ、高額な紹介報酬も魅力的だけど収入が不安定だよ。
成果を出すヒントは、条件クリアしてもらう為にどんなアクションを取るかが重要だね!

また、それぞれ報酬発生の翌週にもらえるのはうれしいね。

仕事内容

ウーバーイーツ配達員の仕事内容

ここからは配達パートナーの仕事内容や報酬発生から獲得までの流れを説明します。

配達

ウーバーイーツ配達員の配達報酬を得るまでの流れ

配達パートナーの「配達」の仕事内容は「④ピックアップ」と「⑤ドロップ」です。

※ピックアップ=レストランから料理を集荷する事
※ドロップ=注文者へ料理を届ける事

冒頭で説明した通り、配達パートナーはUberからの配達業務の依頼のみを請け負います。
そのため、それ以外の仕事やユーザーからのリクエストは基本的に行わなくても契約上問題ありません。

ただ、中には配達業務に付帯するリクエストもあるため自身での判断が必要です。

ユーザーリクエスト

このリクエストは、配達アプリの配達依頼画面「配達メモ」の項目に、ユーザーからのメッセージとして表示されます。

答えるべきリクエスト
  • 玄関の前に置いておいてください
  • 建物に到着したら電話してください
  • ペットが吠えるのでチャイム鳴らさないでください

上記は配達業務に付帯する業務のため、リクエストには答えるべきです。

答えなくて問題ないリクエスト
  • ピクルス抜いてください ※加盟店の仕事
  • ケチャップ付けてください ※加盟店の仕事
  • 手書きの領収書ください ※Uber Eatsの仕事
  • 途中でタバコ買ってきてください ※Uber Eatsのサービス外

上記のようにUber Eatsの配達業務とは関係のない業務は丁重にお断りしましょう。

配達パートナーの評価

配達パートナーはユーザーとレストランから評価を受けます。
この評価は配達アプリで確認することが出来、直近の依頼100件までの評価が配達アプリに表示されます。

ウーバーイーツ配達員アプリ評価画面

上記項目にて、配達業務には関係のないリクエストは答えなくても問題ないと説明しましたが、ユーザー(注文者)はUber Eatsと配達パートナーの契約内容は知らないため、多くのユーザーが配達パートナーの業務範囲を理解していません。

そのためユーザーが望んだサービスを受けられないと、例えそのサービスの業務範囲がレストラン側の仕事であったとしても、配達パートナーに悪い評価が付く恐れがあります。

これがUber Eats評価システムの欠点ともいえる部分で、評価を落としたくない配達パートナーは渋々リクエストを受けざるを得ないというのが現状です。

短期間で悪い評価が集中するとパートナーセンターへの呼び出しや、アカウントへの制限がされる場合がありますので注意が必要です。

しかし、これは私の場合であるがリクエストを受けなくても、上記画像のように直近3カ月は満足度100%を維持できているので、そう簡単に評価は落ちるものではないです。

評価で報酬が変わるものではないので「無駄な仕事をしたくない」という方は多少評価が落ちても気にしないというスタンスがおすすめです。

別紙② 配達方法についての詳細記事

配達方法や効率よく配達を行うためのヒント、配達エリアや稼働時間の選択方法を知りたい方におすすめです。

うばいつ

最近女性の配達パートナーもかなり増え始めてきたUber Eats(ウーバーイーツ)、女性が稼ぐために重要な配達方法や配達…

キャンセル

配達パートナーは配達中に、やむを得ない理由がある場合はその依頼をキャンセルすることが出来ます。

配達の進行状況により対応が変わりますので下記をご確認ください。

ピックアップ前

キャンセル理由を選択 ⇒ キャンセル操作
配達が可能な状態の場合、そのままオンラインにして次の配達依頼を待ちましょう。

ピックアップ後

キャンセル理由を選択 ⇒ キャンセル操作 ⇒ ピックアップした商品廃棄
配達が可能な状態の場合、そのままオンラインにして次の配達依頼を待ちましょう。

短期間の間に、キャンセルを繰り返すとアカウント停止などのペナルティがある場合がありますので注意しましょう。
特にピックアップ後のキャンセルは、重大な理由がある場合のみするようにしましょう。

商品廃棄

いたしかたない理由での「ピックアップ後のキャンセル」や「ドロップ時にユーザーと連絡が取れない」などで、ピックアップした商品を廃棄しなければいけない事があります。

その方法を下記で説明します。

商品の廃棄方法は配達パートナーに任せられていますので、モラルに沿った廃棄方法を自身の判断で選択しましょう。

  1. 廃棄(捨てる)
  2. おいしくいただく
  3. 人にあげる

廃棄する場合は、適切な方法で廃棄しましょう。
道端に捨てる、他人宅のごみ収集ボックスに無断で捨てるなどは行わないようにしましょう。

ユーザーと連絡が取れない場合の廃棄ルール

ドロップ先近辺に到着後「ユーザーの住所入力不備でドロップ先建物が分からない」などでユーザーと連絡を取る必要があります。

この時、10分経過してもユーザーと連絡が取れない場合は、「商品を廃棄」し「配達を完了」させても良いというUber公式ルールがありますが、連絡方法など細かいルールが定められていますので説明します。

廃棄ルール

  1. ドロップ先近辺に到着している
  2. 最初の電話連絡から10分が経過している
  3. 10分の間に15秒以上のコールで、3回以上の電話連絡をしている

以上が廃棄ルールとなり、上記で連絡が取れない場合は配達を完了させ、商品を廃棄しましょう。
心配な方は、10分経過後パートナーサポートへ連絡し状況を伝え指示を仰ぐことをおすすめします。

報酬はこの場合でも通常の配達報酬がもらえます。

現金決済

配達パートナーは配達アプリで現金決済の配達依頼を「受ける」「受けない」を自由に選択することが出来ます。

ユーザーとの現金のやり取りをしたくない方は「現金決済をOFF」にしましょう。

Uber Eatsのアナウンスでは「現金決済をON」にすることで、配達依頼と収入が最大30%増加する方もいるようですので、とにかく多くの配達依頼を受けたい方はクレジットカードかデビットカードを登録してONにすると良いでしょう。

現金払いの仕組み

①お釣りを準備する

まずはお釣りを準備しましょう。
一万円札や大きな紙幣での支払いを希望するユーザーに対しても対応できるよう準備が必要です。

②リクエストを受ける

配達依頼を受けると、配達アプリ上に緑色の現金アイコンが表示されます。
これが、現金決済の目印となりますので、忘れずに現金を受け取りましょう。

③現金を受け取る

商品の引き渡しの際、配達アプリ画面下部に緑色の「現金を受け取る」ボタンと金額が表示されます。

④収入を確認する

受け取った現金はそのままパートナーのものになります。

後日加盟店とUberへの手数料が、翌週の非現金決済の報酬クレジットまたはデビットカードから差し引かれます。
配達アプリの「売り上げの詳細」から現金受領額口座への振り込み予定額を確認できます。

パートナー紹介

ウーバーイーツ配達員の紹介報酬を得るまでの流れ

配達パートナーの「パートナー紹介」の仕事内容は、「①新規パートナーの紹介」と「②条件達成」の為のアドバイスやサポートを行うことです。

まずは、まわりのご友人を誘ってみるのをおすすめします。
そうすることで、おおよそのパートナー紹介の流れがつかめるはずです。

パートナー紹介を本気で取り組みたい方は、まずは「自分で配達」して配達の経験値とノウハウを貯めましょう。
それからその経験をもとに、希望者の集客を行い条件達成までアドバイスを行うという方法がおすすめです。

集客を行う方法

集客を行う方法は非常に様々です。
それぞれのメリットとデメリットを確認し自分に合った集客方法を探してみましょう。

リアル集客

・ポスティング

チラシを作成し、Uber Eatsサービスエリア内マンションや個人宅にチラシを配布し希望者を募る方法、外注も可能。
※自分で配布する場合は住居侵入罪に注意

・ビラ配り

チラシを作成し、路上や大学前などで配布し希望者を募る方法、外注も可能。
※配布行為禁止エリアに注意

・セミナー

Web上で参加者を募り、セミナーを通じて希望者を募る方法。

メリット
・すぐに成果につながる事が期待できる
デメリット
・チラシ作成、セミナー会場のレンタルなど経費がかさむ
Web集客

・ブログ

記事コンテンツを作成し、Google検索やブックマークサイト、ランキングサイトからの流入で興味ある読者に読んでもらい集客を行う方法。

・YouTube

動画コンテンツを作成し、YouTube内検索やGoogle検索からの流入で興味あるリスナーに情報発信を行い集客する方法。

・SNS

SNS上で情報発信を行い興味のある方を集客する方法。

メリット
・集客を始めるための経費が安い
デメリット
・多くの方に記事が読まれる又は、動画が視聴されるようになるまで時間がかかる

配達パートナーTwitterで情報収集

パートナー紹介で行動を起こす(コンテンツを作成するなど)ためには「情報の鮮度」と「情報の正確さ」が非常に重要です。

必要な情報を迅速に収集するためにはTwitterが有用です。

Twitterをコミュニケーションのツールとして使うのではなく、情報収集のためのツールとして使用することをおすすめしますが、中には間違った情報もありますので「情報の正確さの裏」を取るように心がけましょう。

まずはアカウントを作り、気になる配達パートナーのアカウントをフォローし、コンテンツの元になる情報をタイムラインから探してみましょう。

当ブログのアカウントもチェックしてみてください。

Uber Eats配達パートナーブログ「うばいつ」Twitter

女性配達パートナーの分野が穴

ここ最近テレビ番組などで女性配達パートナーが紹介されたことを期に、「Uber Eats 配達 女性」などでの検索数が上昇しています。

しかし、その検索にしっかりと答えられているコンテンツ(検索結果)が少なく、女性ならではの視点でコンテンツが作成できれば、これからもっと増えるであろう女性のパートナー紹介の獲得が期待できます。

いわばこのキーワードが穴となっているので、コンテンツ作成が可能な女性配達パートナーは、是非チャレンジしていただきたいです。

手本にすべき女性配達パートナーブログはこちら

 
Tsukasa
配達はシンプルでかんたん、レアケースもたまに当たるけど10回も配達すればすぐに慣れるよ。
紹介はいろんな集客方法があるけど、まずはブログがオススメ!
コツコツ継続して続けていくことが出来る人はチャレンジしてみてね。

自転車と原付バイク

ウーバーイーツ配達員の配達車両(自転車・バイク)

ここからは配達に使用する車両の説明です。
Uber Eatsの配達に使用可能な車両は下記の通りです。

  1. 自転車
  2. 原付バイク(50~125cc 原付一種・二種)
  3. バイク(125cc以上)
  4. 車(軽貨物車両)

①②での配達が一般的ですが、条件を満たせば③④での配達も可能です。
また、登録後に車両の変更を申請すれば、いつでも変更を行うことが可能です。

自転車と原付バイク(50~125cc)

自転車は普段使用しているママチャリから、スポーツタイプのクロスバイクやロードバイク、電動アシスト自転車など、公道を走行可能な自転車であれば問題ありません。

原付バイクは原付一種(~50cc)の白ナンバー、原付二種(50~125cc)の黄色・ピンクナンバーで登録が可能です。

また、50cc以下の三・四輪乗用車(ミニカー)の青ナンバーも登録が可能です。

ウーバーイーツ配達員に登録可能なバイクナンバープレート

車種の制限はありませんが派手に改造された車両は避けるべき、音がうるさいのも迷惑になるので避けた方がよいでしょう。

まず手持ちの車両で配達することをおすすめしますが、自転車配達にはある程度体力が必要です。
体力に問題が無い又は、小まめに休憩がとれる方は自転車、原付バイクをお持ちで運転に自信がある方は原付バイクで問題ないでしょう。

別紙③ 配達車両についての詳細記事

自転車と原付バイクそれぞれのメリットやデメリット、維持費や稼げる金額の違いを知りたい方におすすめです。

うばいつ

自転車とバイク配達、どっちがいいのか悩むところですよね! そんな方にそれぞれのメリットとデメリットや維持費の違い、稼げる…

バイク(125cc以上)と車(軽貨物車両)

バイク(125cc以上)は営業用の緑ナンバーで登録可能。
車(軽貨物車両)は営業用の黒ナンバーで登録が可能です。

ウーバーイーツ配達員に登録可能な車とバイクナンバープレート

双方とも営業用のナンバープレートを取得する必要があり、自家用のナンバープレートで配達を行うことはできませんので注意してください。

車両のレンタル

自転車と原付バイクなどはレンタルして配達を行うことも可能です。

レンタルの際にウーバーイーツの車両レンタルのご案内ページから申し込みを行えば配達パートナー価格でレンタルすることができます。

車両を持っていない、遠方で勤務可能エリアまで乗って移動することが出来ないなどの事情がある場合は、自分に合った車両のレンタルを検討することをおすすめします。

【主なレンタルサービス】

ドコモの自転車シェアサービス

COGICOGI

帝都産業

 
Tsukasa
登録を申請した車両以外での配達はペナルティの対象だから気を付けてね。

登録

ウーバーイーツ配達員の登録

ここからは配達パートナーの登録についての説明です。

登録方法は非常にかんたん、ここでは登録の流れを説明します。
詳しい登録方法を知りたい方は、それぞれの項目に別記事リンクを用意していますので参考にしてください。

登録の流れ

STEP① Web登録

10分程度で完了します。
必要事項を入力し、身分証明書をアップロードするだけです。
この段階ではまだ「仮登録」の状態。

STEP② 登録会

30~60分程度で完了します。
お近くの登録会場にて「本登録」と、配達アプリの説明を受けます。

本登録が終われば配達バッグを受け取ることが出来るので、その日から配達が出来ます

Web登録のやり方

まずは仮登録をしましょう、下記のボタンから登録できます。

Uber Eats 配達パートナー登録

  1. メールアドレス入力
  2. 名前、電話番号などの入力
  3. 配達する自転車か原付バイクを選択
  4. 同意文章を確認し同意
  5. 顔写真と身分証明証をアップロード
  6. Web登録完了

詳しいWeb登録の解説が必要な方は下記のリンクを参考にしてください。

Web登録の方法と必要書類

Web登録が終わったらやっておきたい3つの事

①初回クーポンを使ってUber Eatsを使ってみよう

Uber Eatsを使ったことが無い方は実際にサービスを体験してみましょう!

注文アプリからどのように配達パートナーがマッチングされて、どういう経路を使って配達を行うのか、先輩パートナーのお手本を見てみましょう

初回注文限定のクーポンを無料配布中ですので、お得に注文が可能です。
クーポンコードはコチラからゲットしましょう。

②招待ボーナスの確認【要チェック】

Uber Eats配達パートナー新規登録の方に限り、期間内に50回の配達を行うと当ブログからボーナスをプレゼントしています。

別紙④ 登録方法についての詳細記事【要チェック】

登録方法の解説、「招待ボーナス」金額や受け取り方法を知りたい方におすすめです。

うばいつ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録は招待登録がおすすめな理由を説明します。また、登録方法や登録会の流…

③配達専用アプリをダウンロード

配達に使用するアプリ「Uber Driver」をダウンロードしておきましょう。
下記のリンクからダウンロードできます。

Apple用アプリダウンロード

Android用アプリダウンロード

登録会

お近くのパートナーセンターにて本登録を行います。
登録会が終われば配達バッグを受け取ることが出来ますので、その日から稼働が出来ます。

登録会の会場は下記のリンクをご確認ください。

パートナーセンターでの登録会

また、登録会に必要な持ち物もご確認ください。

  • スマートフォン
  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード のいずれか)
  • 振込先銀行口座がわかるキャッシュカード
  • 原付バイクで稼働の場合は運転免許証、自賠責証明書、ナンバープレートの写真が別途必要です。
  • 外国籍の場合は、 在留カードが必要になります。
 
Tsukasa
登録方法はかんたん2 STEP。
Web登録が完了したらUber Eatsを実際に使ってみよう!
ボーナス金額のチェックと配達アプリのダウンロードもお忘れなく。

パートナーを辞める場合

ウーバーイーツ配達員をやめる

本業が忙しくなった」「サービスエリア外に引っ越すことになった」などでUber Eats(ウーバーイーツ)の登録を削除(解除)する方法を説明します。

また「誤って2回登録してしまった」などで重複した登録を削除する方法としても有効です。

配達バッグの返却

まずは配達バッグを返却して配達バッグ分のデポジット金額を返却してもらいましょう。

郵送での対応はしていないので、パートナーセンターへ配達バッグを持っていく必要があります。

その際にパートナーセンターのスタッフさんに「辞める」旨を伝えましょう。
スタッフさんが登録削除の処理をしてくれるのでその場で「削除完了」となります。

アカウントだけ登録を削除する方法

重複登録などの時に参考にしてください。

下記の「Uberアカウントを削除したい」より、削除するアカウントを選択し削除理由を選択してください。

キャンペーン情報やその他のお知らせメールの配信停止を希望する場合は「SMSの最新情報テキストメッセージを無効にする方法」をご確認ください。

Uberアカウントを削除したい

その他の理由がある場合は記入欄に記入し「送信する」ボタンを押すと登録削除の申請が送られます。

※一度削除されたアカウントは後から元に戻すことが出来ない為慎重にお願いします。

 
Tsukasa
登録してみて合わないと思ったら辞めるべき。
始めるのも辞めるのもかんたんだからね!

メリットとデメリット

ウーバーイーツ配達員のメリットとデメリット

最後に配達パートナーに登録する事のメリットとデメリットを説明します。
私、個人が感じている事ですので、他の方が当てはまらない部分もあるかと思いますが、皆さんの参考になれば幸いです。

メリット

配達パートナーとして活動する事のメリットは様々ですが、やはり一番のメリットは「時間」と「報酬」です。
私が特に気に入っているのは「時間に縛られない自由な働き方」で、専用アプリをオンラインにするだけで配達に参加できる点です。

自由な時間

いつでも好きな時に働ける為、副業で登録する方が多いですが、配達パートナーを本業として選択する人も大勢いるくらい、忙しい現代人にはマッチした仕組みなんだなぁと感心しています。

時間の制約が無いため、

  • 業種問わずフリーランス
  • 学生
  • 主婦
  • 会社員
  • 役者や芸人の卵

特にこんな方々に人気があります。

私は自営のサービス業のかたわら「お小遣いが少し稼げれば」という感覚で登録しましたが、今では本業 5割:Uber Eats 5割とどっちが本業なんだか分からない所まで、Uberの魅力にどっぷり浸かってしまいました。

ただ、本業一本でやっていた頃より自由な時間が増え、収入もアップしたため自由に使えるお金も増えました

ホントにUber様様といった感じで、この自由な時間が私にとっての一番のメリットだと感じています。

二つの報酬

最初の項目でも説明しましたが、Uber Eatsでは配達での報酬紹介での報酬二つのキャッシュポイントが用意されている点が魅力です。

私は「配達」と「紹介」どちらも実践中で、配達報酬はいわゆる労働収入ですが、私は自転車やバイクでいろんなところに行けるのが楽しくてしょうがないので、暑くても寒くてもさほど苦になりません。

いろいろな街を知れて、流行りのお店に行けて、入った事もない超豪華なタワマンに入れてけっこう刺激になります。

なので労働で稼いでるという感覚があまり無く、その割にけっこう稼げるのが良いですね。

紹介報酬は、一度仕組みを作って継続すれば働かなくても収入を得ることが出来ます

こちらはインターネット上にあまり情報が出ていない為、手探りでやっていくしかないですが、HTMLなどのコード知識の無いブログ初心者の私でもなんとかできているので是非チャレンジしてほしいです。

紹介報酬はうまくいけば配達報酬をゆうに上回る報酬を得ることも可能で、実際に私はUber Eatsでの収入の割合は、配達 3割:紹介 7割と配達報酬を上回っているので、時間はかかりましたが「Uberやっててよかった」と思えるメリットの一つです。

デメリット

デメリットも様々ですが、紹介に関するデメリットは思いつきませんでしたので、ここでは配達に関するデメリットを上げたいと思います。

私が日々の配達中に感じるデメリットは下記です。

  • 事故のリスク
  • 交通違反
  • 悪天候

事故のリスク

巻き込み事故(もらい事故)これが一番のデメリットだと感じています。

自分の運転では、無茶な運転は自分や誰かの大切な物を傷つけてしまう恐れがあるため、配達中の運転には「念には念を」で絶対に気を付けています。

私はどんなに急いでいるときでも、深呼吸し一旦心を落ち着かせ「多少遅れて怒られてもいいや」というスタンスで、スピードよりも「安全第一を優先」することを心掛けています。

しかし、巻き込み事故となるといくら気を付けていても回避のしようがありませんね。

事故の多い大きな道路はなるべくルートから避けるなどして工夫はしていますが、「いつ」「何が起こるか」が分からないことが、私が思うデメリットです。

交通違反

私は原付バイク配達に切り替えてから約1年の間に、4回交通違反でお巡りさんのお世話になりました。

恥ずかしながら原付バイク(50cc)の交通ルールにあまりにも無知だったのが原因です。

しっかりルールを守ればデメリットにはならないので「運転するのが久しぶり」という方はしっかり交通ルールの再確認をしておきましょう。

【参考サイト】

警視庁「自転車の交通ルール」

JAF「原動機付自転車の右折方法とは?」

悪天候

大雨が降ったり、強風で車両の運転が危険な時は配達がしたくても出来ません。

そんな時は本業や紹介獲得のためのコンテンツ作りに時間を使えるので良いのですが、悪天候が長期間続くと配達できないストレスが溜まりますね。

自分ではどうしようもできない事ですから、この仕事には付き物のデメリットと言えるでしょう。

 
Tsukasa
私はUber Eatsの仕事による恩恵を楽しんでます!
登録してみて自分なりの価値を探してみてね。

まとめ

  1. 18歳以上であればだれでも登録可能
  2. 配達パートナーの役割は「配達」と「紹介」どっちをやるかは自由
  3. 配達報酬は「即効・安定型」、紹介報酬は「遅効・爆発型」
  4. 配達の仕事内容はピックアップとドロップで比較的かんたん
  5. 紹介は集客とアドバイスで仕事内容は複雑
  6. 配達車両は手持ちの車両で行うのがおすすめ
  7. 登録方法はかんたん2 STEP
  8. Web登録が終わったら、クーポンを使ってサービスを体験してみよう
  9. 招待ボーナスのチェックと配達アプリのダウンロードもお忘れなく
  10. 配達パートナーはメリットがいっぱい、自分なりの価値を探してみよう
  11. 配達時の事故にはくれぐれもお気をつけて

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が配達パートナーへの第一歩としてお役に立てばうれしいです。

コメントリクエストなどございましたらお気軽にご連絡ください。

>最大4万円の招待ボーナスをGETしよう

最大4万円の招待ボーナスをGETしよう

当ブログはこれからUber Eats配達パートナーを始めたい方を全力で応援します。配達パートナーに登録して、招待ボーナスをGETする方法はコチラをご確認ください。

CTR IMG